イチローの流し打ちを4コマで検証

「イチローの流し打ちを4コマで検証」の有益情報をお届け!

4コマでわかるイチロー

ここにブログ全体で狙うキーワードを含んだ文章を書いてください(40文字まで)

2009年08月18日

イチローの流し打ちを4コマで検証

イチロー流し打ち4コマで検証します。

体重移動に注目してみてみます。

ichi-b30.gif


イチローの構えです。
ピッチャーの投球に集中し、身体を軽く前後に揺らしてタイミングをとっています。
下半身に注目してみると、膝を内側にしまっているのが分かります。
イチローの特徴的なところでしょう。

ichi-b31.gif


全体重を軸足に乗せて、身体をくの字にしています。
顔はピッチャーの方を向いていますが、身体は逆の方へ回転させています。
この回転が、パワーがなくても飛距離が出るイチローの特徴です。

ichi-b32.gif


前足の右足を踏み込んでいます。
この踏み込みで体重を前の方へ移動しています。
バットを握っている手は依然として後方にあります。
ここで、腕を前に出さないで我慢しているところもイチローの特徴でしょう。

ichi-b34.gif


速いスイングで逆方向へ流し打ちです。
投球が外角にきたので、フォームは崩されていますが、ボールを的確に捉えていますので、芯をくっています。


イチローのバッティングでのポイントです。

バットを持っている腕は、スイングするまで動かさない。
身体が逆方向を向くくらい回転させている。
前足を踏み込んだ時に、全体重を乗せている。

バッティングの基本と言ってしまえばそれまでですが、これだけしなやかなバッティングはなかなかできないでしょう。

ぶれがなく、体重移動がうまいイチローバッティングフォームを参考にしてみてはいかがでしょうか。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。